銀行系カードローンの魅力について

銀行のカードローンを利用された経験のある方はいるのでしょうか?銀行系のカードローンは、金利の低さや安心感から高い支持を受けています。

銀行系のカードローンには、低い金利で大きな融資を受けることができるという特徴があります。銀行系カードローンの場合、借入や返済といったお金のやり取りは、少し前まで契約先銀行のATMに限定されていました。しかし最近は、コンビニATMを利用した借入・返済が可能になったことで以前よりも格段に利用しやすくなっています。

(引用:銀行系カードローンはハイスペック|キャッシングちっく!

銀行のカードローンにはもう1つの特徴があります。それは総量規制を受けないということです。

総量規制というのは、借り入れ限度額を制限するもので、個人の年収の3分の1までしか借りることができないというものです。これは年収が少なければ、少ないほど借りられる金額が減ってしまうので、通常のキャッシングでは、これによって困っていた人というのもいると思います。

でも、銀行のカードローンはこの総量規制対象外となっているため、年収の金額にかかわらず、貸してくれるだけ借りることができるので、多くの人にとっての救い舟になったということです。とはいっても、好きなだけ借りられるということは通常ありませんから、そこは限界があることは知っておきましょう。いざというときに銀行のカードローンを利用すると役に立つのではないでしょうか?

銀行カードローンが総量規制対象外でも、年収の嘘はダメ

銀行のカードローンは、ある1つ大きな特徴を有しています。

それは総量規制の対象外ということです。

つまり、年収の多い、少ないにかかわらずお金を貸してもらえるということですが、だからといって嘘をついてはいけないのです。

嘘って何か?というと、年収についての嘘です。
年収が高ければ、それだけ貸してもらえる金額も増えそうですし、審査も通りやすいかな?と思って、多少サバを読むことをしてしまうと、後々大変なことになるかもしれません。

それは総量規制対象外だから、年収についてはそんなに調べないだろう。という油断があるのかもしれませんけど、その油断で嘘をつくとばれます。それは銀行のカードローンでも年収についての資料は提出させられるからです。

だから、そこで年収について嘘をつくと、一気に信用を落とし、今後貸してくれなくなる可能性もあります。だから、銀行のカードローンでも、絶対に嘘はつかないで正直に年収等を記入するようにしましょう。

キャッシングは誰ができるものなのか

キャッシングをしたいと思っても、自分もこのキャッシングができるのかというところで悩まれている方は多いのではないでしょうか。ですからそういった方のために、これからキャッシングはどういった職業ならできるのかなど、どういったことについて説明をしていきたいと思っています。

キャッシングは年齢の制限があります。キャッシング方法によっても違いなどはありますが、だいたい20歳以上、65歳未満という制限を想定しておくようにしましょう。

この年齢以外には、安定した収入があることが条件になることが多いです。安定した収入があれば、アルバイトであったりパートなどの正規雇用でない場合でもキャッシングはできます。社員、学生、フリーター、主婦の方など、職業はあまり関係がなく、年齢と安定した収入の2点が大事になってきますから、ここをクリアしていればキャッシングができる可能性があるということを知っておきましょう。

ただしもちろん審査に落ちれば利用ができませんから、注意してください。

キャッシングの極意はすぐに返済すること

消費者金融からのキャッシングの借り入れというと、何だか金利が高くて利息の支払い負担が大きいイメージがあります。確かにキャッシングの金利は決して低いとは言えません。実際にお金を借りた後に返済がスタートしてみると、金利の負担が苦しいことも多いのです。
しかし、そんなキャッシングの利用にも極意があります。その極意を実践すれば、何の心配も不要です。その極意とは、ズバリ、「借りたらすぐ返す」です。実にシンプルです。たとえば法律で定められた最大の高金利で10万円のお金を借りたとしても、翌月に一括返済するのならば利息など大した金額にはなりません。
それゆえ、借りてもすぐに返せるキャッシングこそは、利用者にとっては最高のキャッシングなのです。たとえ常に最高レベルは難しいとしても、出来るだけ最高に近いように努力して借り入れをすれば、理想に近いキャッシングの利用が可能になるのです。
いずれにしてもキャッシングは、「借りたらすぐ返す」を心に刻んで利用するようにすべきです。そして、それに基づいた返済計画を立てるべきなのです。

私はキャッシングできて助かりました

キャッシングというとマイナスイメージを持つ人が大変多いと
思います。私もそうでした。借金なんて絶対してはだめだと思っていました。

でも、どうしてもお金が必要となったといきに、初めてキャッシングをしました。
女性専用ダイアルに電話をし、心臓がバクバクしたのを今でも覚えています。
虫垂炎になってしまい、急に入院・手術となり、持ち合わせの金額があまりなく
とても不安でいっぱいだったのです。

10万円を借りることができ、入院・手術代をなんとか支払うことができました。
後日、契約していた生命保険の金額がおりたので、急いでキャッシングで
借りた分をお返ししました。

返せないのに、次から次にキャッシングすることは、自分自身を苦しめてしまいますが、
コツコツと返せる、私のように後日すぐにまとめて返せるパターンの場合は、
キャッシングを上手に利用してもいいのかなと思えた体験です。

ちょっと旅行に行ったとき、出張先で、どうしても入用な時ってあります。
そんな時もキャッシングで2、3万利用したこともあります。さっと利用できるのは
本当に便利だなと思います。